大分の印刷会社 三恵印刷。チラシ、カタログから自費出版までお任せください。
はじめに 会社紹介 リンク お問い合わせ 三恵印刷トップページ
  大分の業績アップ支援型企業 三恵印刷株式会社
フリーダイヤル0120-074-084
三恵印刷がどんなお役に立てるか!?  三恵印刷がどんなお役に立てるか?!≫ 三恵印刷がどんなお役に立てるか!?
自費出版
 トップページ ≫ 三恵印刷がどんなお役に立てるのか ≫ 自費出版

気をつけよう!暗い夜道と自費出版 気をつけよう!暗い夜道と自費出版 気をつけよう!暗い夜道と自費出版

自費出版は危険?

2006年の4月、大手自費出版会社「碧天社」が倒産。
申し込んでいた約250人の本が出版できなくなりました。そのほとんどの人が、既に数十万円〜数百万円を出版費用として支払っており、返金されずに結局騙された形になりました。


また2007年の7月には、同じく大手自費出版会社「新風舎」が、客4人から訴えられたという事件がありました。
報道によると、4人は自分史や絵本を出版する契約を結んだが、「全国の書店に本が並ぶ」という事前の説明が虚偽だったというのが訴えた理由のようです。
そして2008年1月、それが引き金となり、「新風社」は事実上倒産してしまいました。


近年、自費出版の作品数が増え続け、団塊の世代が大量退職する今後は、さらに自費出版ブームは拡大すると思われます。
その一方で、
ブームを狙って悪質商法まがいのさまざまな勧誘が横行してくる可能性も大きい
のです。


前述の会社以外にも、自社で主催する賞に応募してきた客に「残念ながら選に漏れました」と告げた後、「だが、この作品にはキラリと光るものがある。これを世の中に埋もれさせておくのは惜しい。少し手直しをして、共同出版や協力出版という方法で本を作るべきだと思う」と持ち掛けるのです。


「共同出版」「協力出版」というと、費用を出版社と折半すると思う人がほとんどですが、実際は費用の全額を著者が負担してしている上に、流通や広告宣伝に掛かる費用も含まれた金額を支払っているのが現実です。
さらに、「全国の書店に本が並ぶ」というのもウソで、せいぜい十数店舗程度の自費出版コーナーに数ヶ月置かれているだけなのです。


もちろん、すべての自費出版を扱う会社が悪いわけではありません。
素晴らしい仕事をしている会社も多く存在しています。
いずれ自分の本をつくってみたいと思われている方は、どうかこんな出版社には引っ掛からないでください。

そんな方にぜひ読んでほしい、当社オリジナル小冊子 [失敗しない自費出版7つのポイント] を無料プレゼントいたします!
≫ご希望の方はコチラから!

オリジナル小冊子プレゼント!
当社オリジナル小冊子プレゼント!
オリジナル小冊子プレゼント!
三恵印刷オリジナル小冊子 [失敗しない自費出版7つのポイント]無料プレゼント!
当社オリジナル小冊子「失敗しない自費出版7つのポイント」を無料プレゼント!!
ご希望の方はぜひ、
オリジナル小冊子お申込みフォーム
からお申込みください。

三恵印刷オリジナル小冊子「失敗しない自費出版7つのポイント」 プレゼントのお申込みはコチラから


ページの先頭へ ページの先頭へ


三恵印刷の自費出版 三恵印刷の自費出版

01 どう違うの?出版社と三恵印刷の自費出版
  【出版社】
 (1) 編集人が複数いるか、編集を外部に委託している
 (2) 営業範囲が広いので、著者とのやりとりは郵送や電話が中心
 (3) 書店への流通パイプが常にあり、それを売りにしている
 (4) 印刷、製本は外注なので編集料が主な収入源。どうしても割高になる


【三恵印刷】
 (1) 編集を自社でしている
 (2) 営業範囲を地元大分に絞っており、著者と直接会って詳細な打ち合わせができる
 (3) 書店への流通は必要なとき以外は奨めない
 (4) 編集から製本まで自社一貫生産なので、比較的安価でできる

02 本ができるまでの流れ
  (1) お問い合わせ
    メール(≫メールフォームはコチラ)、電話(フリーダイヤル 0120-074-084)などで
      ↓
(2) ご相談
    ご予算だけではなく、原稿の作り方や本の内容等、どのようなことでもお聞きいたします
      ↓
(3) お見積
    具体的に、本のページ数・用紙・製本方法・冊数などが決まれば、見積書を作成
     ↓
(4) ご契約
    ご予算が合い、制作スケジュールや納品日などすべてご納得いただければ契約書作成
     ↓
(5) 出稿
    手書き、もしくはワープロ・パソコンで作成された原稿(データ)をお預かりします
     ↓
(6) 校正
    こちらでレイアウトした校正紙(ゲラ)をチェックしていただきます。万全を期して2〜3回程度
     ↓
(7) 印刷・製本
    ページ数、冊数、製本方法によって変わりますが、校了後約2〜3週間で出来上がり
     ↓
(8) 納品
    ご希望通りか、最終確認していただき、お引渡し致します

ページの先頭へ ページの先頭へ


自社のUSPを売る 出版費用について

みなさん、出版費用はどのくらいかかるのかご存知ですか?

ひと言で言うと「ケース・バイ・ケース」、つまり執筆者の要望によって金額が大きく変わるのです。
では、出版に掛かる制作経費の項目にはどんなものがあるのでしょう。


[編集費]
 ・文字打ち料  ・カバー、表紙デザイン料  ・本文デザイン、レイアウト料
 ・内部校正料(出版会社側が文字や文章のチェックをすること)
 ・修正料  ・写真撮影料  ・写真スキャンニング料  など


[印刷費]
 ・用紙代  ・製版代  ・刷板代  ・印刷代


[製本費]
 ・並製本  ・上製本


[諸経費]
 ・通信費  ・営業経費 など

大まかに分類してもこれだけあります。

その他、費用を大きく左右するのは、
 ◇原稿が手書きかデータか(手書きだと文字打ち料が余分に掛かる)
 ◇ページ数が多いか少ないか
 ◇本のサイズはどれくらいか、定型か変形か
 ◇何冊つくるか
 ◇写真集や絵画集のように、デザインや色調に細かくこだわるか
などです。

ページの先頭へ ページの先頭へ


30万円予算でできる自費出版とは 30万円予算でできる自費出版とは

「自費出版しようと出版社に見積を頼んだら、190万円と言われた」
「私の知り合いが先日随筆集を出版したけれど、250万円位掛かったらしい」

こんな話、割とよく聞きます。
確かに、内容・仕様によってはそれだけ掛かる本もあります。
しかし、一般的な本であればそこまで費用が掛かるとは思えません。
出版業者の中には、編集費等のわかりにくさを逆手にとって、法外な金額を請求することがあるので注意してください。

「自費出版したいけど、予算が限られているので30万くらいでしてくれる会社はないだろうか?」

お悩みのあなた、あります!

ただし、つぎの「4つの条件」をクリアしてください。
 (1) ページ数が100ページ以下で、つくる数も100冊以下であること
 (2) 本文がスミ(黒)一色刷であること
 (3) 原稿は手書きではなく、ワープロまたはパソコンの文字データで渡せるようにすること
 (4) 編集の手間や訂正の時間を短くするため、事前の推敲を何度もしておくこと

若干の金額の上下はありますが、これで希望どおり30万円位で出版できるはずです。

ページの先頭へ ページの先頭へ


ポイント
【自費出版】よくあるご質問
ポイント
質問 どの出版業者に頼んでも、費用や出来上がり具合は変わらないのだろうか。
あまり変わらないのなら知り合いの印刷会社にお願いしようとおもっているが…

答え 費用については、数社から見積を取ることをお奨めします。
ただし、安いというだけ決めるのは危険です。大事なのは、著者の意向を十分理解して丁寧に作業してもらえるかどうかです。知り合いの場合、逆に遠慮してしまうことや業者まかせになってしまうことが多々あるので注意してください。
 

質問 自分の本をいずれ作ってみたいが、文章を書くのは苦手だし、資料はあるけどどうやってまとめたらよいか分からない。

答え 完全原稿の状態で出版業者に渡すのがベストです。
しかし、自分でまとめることが出来ない場合、遠慮なく出版業者に相談し、アドバイスしてもらいながら完成させていくとよいでしょう。
 

質問 原稿用紙に書き溜めているものを出版したい。
最近は、ワープロやパソコンで原稿を作る人が増えているらしい。どちらが出版する場合良いのだろう。

答え ワープロやパソコンのデータがあると、出版業者に文字打ちしてもらう必要がないので、その分費用が安くなります。
もし身近にパソコンを扱える方がおられて頼めるなら、文字データにしてもらうと良いでしょう。
 

質問 「あなたの本、書店に置いて貰えますよ。当社の配本ルートに乗せてあげますから、出版しませんか」と言われたが、本当だろうか。
少し期待しているが…

答え 要注意です。
先般も、そう言われて出版したが、数件の書店にしか置かれず騙されたと訴訟沙汰になったケースもあります。
ほとんどの場合、数ヶ月置いていたが全く売れず、自宅に返品されて捨てるに捨てられず困ってしまう状況になります。甘い勧誘に騙されないように。

ページの先頭へ ページの先頭へ
 
ページ内メニュー
ピックアップ
デザイン実績
大分県警コンペ
船井総研
ピックアップ
営業案内
ニュースレター
当たるチラシ・DMとはどんなもの?学習・体験から学んだ成功方法
SPCNサンケイ
三恵印刷の仕事人
大分パンフレット制作.com

 

 
 
大分の業績アップ支援型企業 三恵印刷株式会社 三恵印刷株式会社 〒870-0941 大分県大分市下郡3055−8 代表電話/097-567-1155 FAX/097-567-1016
[お問い合わせ] フリーダイアル 0120-074-084  E-mail/info@sankeiprinting.co.jp
大分の印刷会社 三恵印刷 Copyright (C) 2011 Sankeiprinting, Inc. All rights reserved. 大分の印刷会社 三恵印刷